学んでおきたい自費出版

自費出版の本のカバーへのこだわり

自費出版の本のカバーへのこだわり ブログやSNSだけでは自分の伝えたいことを伝えきれずに、自費出版の本を出そうと考えている人もいることでしょう。ただ、本屋に行けば数え切れないほどのたくさんの本が並んでいますし、毎日次から次へと新刊が発売されています。さらに、通販サイトの場合にはカバーしか掲載されておらず、中身をチェックできないことも多いです。

したがって、無名の著者が書いた自費出版の本を手に取ってもらうためには、とことんカバーのデザインにこだわる必要があります。カバーは読者を惹きつける大事な要素の一つですので、思わず手に取りたくなるようなデザインにすることで、本の売れ行きは変わります。

どんなデザインにすれば読者の目を引けるのかといこうことを知るためには、まずは本屋へ実際に足を運んでみるとよいです。本屋にたくさん並んでいる本の中で、どういう本が目立っていて、自分ならどの本を手に取ってみたくなるか確かめてみましょう。また、自分でわからない場合には、出版社やデザイナー、印刷会社などに相談してみることをおすすめします。

デザインにこだわった上で作りたい自費出版の本

デザインにこだわった上で作りたい自費出版の本 誰もが憧れる自費出版、どうせ自分の本を出すのならデザインにこだわった特別な装丁にするのがおすすめです。自費出版した自分の本は、年間何万冊も発売される本と一緒に書店の棚に並べられることになります。話題性や知名度のない本を、一人でも多くの人に気づいてもらうために一番力を入れたいのが装丁デザイン。従来の出版形式にとらわれない自由な立場から、書籍の形事態をだいたんなカットで変えてみたり、各ページの高さを変えたり表紙にパンチングを入れたり、可能性は無限大です。

中をめくったときに見える文字色を変えたり、ページごとに違う紙を使うといった工夫も、思わず手にとりたくなるギミックにあふれていますね。せっかく書き上げた自分の本の魅力を最大に引き出すデザインで、念願の一冊を飾れば思いでに残るだけでなく、たくさんの人に見てもらえるチャンスです。自費出版の担当者に思い切っていろいろと相談してみるとイメージが広がります。