学んでおきたい自費出版

協力出版をするメリット

協力出版をするメリット 協力出版をするメリットは、金銭面が1番大きいものになります。
自費出版であれば、すべての費用を個人が負担します。
営利目的であるならば、本屋さんなどに個人で営業して本を売ってもらうように依頼する必要があります。
有名な人ならば問題ないことですが、素人や無名な場合はとてもハードルが高いものだといえます。
 自費出版の場合は、書籍に多く使われているISBNコードがありません。
このコードはバーコードのようなもので物流のときに使われます。
協力出版の場合は、大きい出版社の場合が多いので本をだすときには自動的についてきます。
このコードは自分でもとれますが、これも費用がかかってきます。
 費用だけではなく、営業活動も出版社が協力的にしてくれるためメリットは多くあります。
費用面についても折半という形が多いですため、自費出版よりも抑えていけます。
書店の流通や宣伝もしてくれるため、とれも心強い味方であることには間違いありません。

協力出版をするデメリット

協力出版をするデメリット 自分で作った本を出版したい、そんなときは自費出版という方法があります。
しかし、この方法だと自分で本を売り歩かないといけなくなるため、初心者にはおすすめできない方法です。
そんな場合におすすめなのが協力出版と言う方法。
これは依頼主と出版社側が費用を折半して本を出版する方法です。
こちらの場合は販売に関してきちんと協力してもらえるため、店頭に商品を並べやすいところが大きな特徴です。
ただし、デメリットがあります。
それは著作権を出版社側に取られやすいというところです。
本といえば印税で儲けるというイメージがありますが、これは著作権を持っているから出来ることです。
出版社側に渡ってしまうと印税をもらうことが出来ませんし、本すら自費で購入しなくてはならなくなります。
もちろんこれは交渉によって変更可能ですが、知識がないと相手の良いようにされてしまいがちです。
ですので、協力出版をするときは知識を備えてから行いましょう。
自費出版とは勝手が違うということを覚えておいてください。