学んでおきたい自費出版

自費出版の良さとは

自費出版の良さとは Twitter・ブログ・メールと現代は容易に自分の意見を文章で表現する事ができる時代になりました。文章を書き記すものにって、多くの人々に自己表現を出来るようになったと言えます。しかし文章を書くのが好きなほど、自らの著作を一度出版してみたいものです。
通常の出版社は利益を重視するため、よほどの才能と運に恵まれた人物でなければ商業出版をすることは難しいでしょう。
ですが、自費出版は費用さえ負担すれば好きな時期に出版可能です。商業出版では編集者が介入してくるため思うように著作物が書けないことがあります。しかしそんなことはなく自分が出版しようと考えた内容をそのまま出版できる良さがあります。
昔は自費出版といえば相当手続きと費用がかる印象でした。
しかしインターネットの普及で自費出版請負サイトが多数登場しました。簡単な手続きによって、校正から印刷そして出版まですべての流れを委託することが可能となっています。

自費出版の魅力

自費出版の魅力 近年人気になっている、執筆者が費用を負担して本を出す自費出版には、従来の出版社が費用を全額負担する方法と違い、いくつかの魅力があります。
まず1つ目の魅力は、執筆者の意思で自由な内容を書く事が可能です。
自分で費用負担するでの、本が売れなくても出版社には関係がないので、「この内容は変えたほうがいい」等の出版社からの口出しを防げます。
編集者の意向等から影響を受けないので自分が本当に良いと思える内容で書くことが出来ます。

二つ目は出版すると、記録に残り自分のステータスになります。
例えば、あなたの知人が本を出版したと耳にすると、売り上げや内容を問わず、無条件で思わず凄いと感じてしまう方が多いでしょう。
本を出すなんて凄い人だなと相手に対してある種の尊敬を抱いてしまいがちです。
もしあなたが本を自費出版すれば、本を出した事実自体は、出版社に依頼されたのか自費出版かどうかは関係なく不変ですので、ある種のステータスになります。