学んでおきたい自費出版

ネットからの自費出版のメリットについて

ネットからの自費出版のメリットについて 本を書いてみたい、という方は意外と多いのではないかと思います。
自分の体験談を多くの人に読んでほしい、自分が創ったストーリーで世間を泣かせたい、もしくは、本の印税で不労所得を構築したい、なんていうのも本を書きたいモチベーションとしてあり得るかもしれませんね。
出版関係者と何のつながりもない人にもすぐ考えうるのが「自費出版」という手段になります。
自費出版であれば、出版社を絡める必要がなく、編集者から注文を付けられることもなく、自由に出版ができます。
ただ、難点として数十万以上という費用が発生することと、自分で販路を確保する必要がある、ということが挙げられます。
となると、ハードルが高くなってしまいますが、それを解決するのがネットで自費出版をする、という方法です。
こちらであれば、初期費用は5000円程と割安ですし、Amazonなどのメディアに掲載することができれば、あとは自身や影響力のある友人に拡散を頼むだけで、「販路」の確保ができます。
印税も10%程度と確保できているので、ちゃんと売れれば継続的な収入も出てきます。
手軽に始められておススメの方法です。
あなたも、まずはネットから作家デビューしてみませんか?

ネットからの自費出版の利便性

ネットからの自費出版の利便性 自費出版を行う計画を持っている方も多い傾向にあります。
自主的に作成した文章や写真集などを書籍として残すためや、個人的に販売を行うことを検討している場合もあります。
大手出版会社の場合では、審査を経て出版することになり、その敷居は非常に高いとされています。
この点に関しては自費出版の場合では、当然ながら自由自在に出版できるので、どのような方でも書籍を作ることが可能な方法です。
現在では便利な方法が用意されていて、ネットから自費出版を依頼できる専門業者のサイトをみつけることができます。
大きな利便性を感じることができ、自宅にいながら原稿を入稿することもでき、希望する形式で出版物を作ることが簡単です。
一般的な通信販売のように出版を依頼することができるので、手間を省いた出版方法としても利便性を感じることができます。
中には販売ルートを用意するサービスを提供している会社も存在しているので、販売を目的にしている場合でも、利便性を感じられます。